生理期間中の脱毛はどう扱われるかというと、脱毛

生理期間中の脱毛はどう扱われるかというと、脱毛サロンでは普通は行いません。
と言っても、脱毛サロンがすべて生理中の施術を断ってくるのではない為、脱毛スケジュールを生理期間で狂わせたくない場合は、契約前に確認をしておくと良いです。
生理中は肌トラブルが起こりやすいため、施術を受けるのはなるべく止めておくべきかもしれません。
VIOラインについては当然ながら衛生面でいろいろと問題が大きいですから、どこのサロンでも処置は受けられないはずです。
脱毛サロンに行く前には、施術部位の毛を自分でできる範囲で処理しておくことになっています。ムダ毛がたくさん残っていると施術を受けるのは無理なので、見た目で肌の表面にムダ毛がなくなる程度まで処理しておきます。
前日の夜にあわててムダ毛処理をせずに、できれば二日ほど前に済ませてしまいましょう。
処理した後は丁寧にアフターケアもしておいて炎症を起こさないようにしないと、当日施術を受けられない場合もあります。
一般的に、医療脱毛の場合にはエステ、もしくは、脱毛サロンを選んだ時より、施術回数が少ない日数で行えます。
どのレベルで満足するかにも左右されますが、普通であれば6回程度の施術を行うと、満足感があるということです。
単発で依頼するより、複数回まとめて依頼したほうが少ない費用で済むことがほとんどなので、まずは6回で契約してみるようにしましょう。施術後のアフターケア。
脱毛の場合は、大切なことは、保湿をしっかり行うことです。
保湿剤(低刺激のもの)をつけて肌はしっとり潤った状態を保ってください。その先、三日ほどは、シャワーだけにする、ボディソープ類は避けるのがイチオシです。仮に赤くなった場合は、そのまま放置せず、冷やしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です